FD宣言・KPI公表

フィデューシャリー・デューティー宣言
(お客様本位の業務運営宣言)

株式会社総合保険LIVE・ジャパン(以下、「当社」)は、金融商品仲介業務に関し、お客様本位の業務運営を実現するための基本方針を公表し、定期的に見直しを行うことで、より良い業務運営を実現して参ります。

1.基本理念

経営理念

当社は、「いつもお客様の立場に立って考る」お客様第一主義を基本理念とし、お客様と正直に向かう誠実な姿勢と、柔軟な思考で、お客様に最善を尽くし、保険以外のことでもお客様にとって身近で、最良のパートナー的存在となることを目指します。

お客様本位の業務運営

当社は、フィデューシャリー・デューティー(お客様本位の業務運営)を実現するため、お客様の保険に対するニーズを的確にとらえ、適切な情報提供とわかりやすい説明を行い、お客様の意向に沿った保険商品を提案します。
また、お客様本位の良質なサービスを提供し、お客様にご満足いただけるよう、全従業員、高度な専門性と倫理観を持ち、お客様に対して誠実に業務を行います。

2.保険代理店事業の内容

商品・サービス内容のわかりやすい説明

当社は、多様化・専門化した商品をわかりやすくご説明し、お客様の意向に沿った良質な商品やサービスをご提供することが、保険代理店としての役割であるということを、当社の企業文化として定着するように努めます。
そのために、常にお客様の立場に立ち、お客様に相応しい商品やサービスの提供に努めて参ります。
また、金融商品の販売等に関する法律に基づき「勧誘方針」を制定・公表しています。

お客様の意向に沿った商品提案

当社は、お客様のご契約の目的や年齢、資産等の状況を正しく把握し、適合性を十分に確認したうえで、お客様の意向に沿った商品やサービスをその理由もあわせてご提案します。
お申し込みに際しては、告知の重要性を含む重要事項・注意喚起情報についてお客様に十分説明し、ご理解いただいたうえで手続きを行います。
お客様のご意向に沿わない代理店手数料が高い商品を提案するような行為は行いません。
また、保険会社のキャンペーンやインセンティブ等に左右されるような販売・推奨はいたしません。

特に配慮が必要なお客様への対応

当社は、ご高齢のお客様等、特に配慮が必要なお客様については、募集に関するルールを定め、商品の内容や仕組みについて誤解が生じることがないよう、お客様の特性に応じてわかりやすく丁寧に説明を行います。
また、加入目的や保険金額等をより慎重に確認し、適正な募集・販売に努めます。

アフターフォローの取り組み

お客様のライフステージ、ライフイベントに伴い、必要な補償は変化していきます。
すでにご契約いただいているお客様に対しても、保険の見直しを含めて継続的にアフターフォローを行う体制を整備・強化します。
お客様からのお問い合わせや各種お手続き等についても、スムーズな対応に努めます。
早期の解約・解除契約については、原因究明と募集人への指導・再発防止に努めます。

3.コンプライアンス・プライバシー保護

コンプライアンス

当社は、コンプライアンスを経営の重要事項の一つと位置付けており、毎月コンプライアンス研修等を行い、組織としてのコンプライアンス体制確立への取り組みを実施しております。
お客様からいただいた不満足・お褒めの言葉の表明を「お客様の声」と定義し、コンプライアンス担当において、「お客様の声」の収集と分析を行い、いただいた「お客様の声」は当事者や関係者に速やかにフィードバックして、日常の業務品質向上の改善につなげています。

プライバシー保護

当社は、保険代理店事業を営む企業として、個人情報の保護を社会的責務と考えています。
個人情報の保護を事業運営上の重要事項の一つと位置付け、「個人情報保護方針」を定め、これを実行し維持します。
お客様に関する情報については、プライバシー保護の観点から適正かつ慎重に取り扱い、お客様の権利の保護に十分配慮します。

4.人材育成

商品・サービスに関する専門性を持った人材の育成

全従業員の商品やサービスに関する理解を深めるため、保険販売資格取得・研修等の教育体制を整備・強化し、金融・保険に関する専門性を持った人材を育成します。
各保険商品の販売については、保険会社から資料の提供も受けながら、集合研修やeラーニングシステムを用いた教育を行い、商品知識の習得に努めています。

職場作りについて

当社は、「働きやすい・やりがいのある楽しい職場」作りを経営の目標として取り組んでいます。
これは、お客様と接する職員が、会社に満足していなければ、お客様に真の満足をご提供することは出来ないと考え、仕事に意欲的に取り組むために、環境を整備するとともに仕事そのもののやり方等を見直し、従業員満足度を高めることが必要と考えています。

株式会社総合保険LIVE・ジャパンはこれからも、お客様本位のサービス提供について、より一層お客様からご満足いただけるよう、全従業員一丸となって努力して参ります。

令和元年5月1日
株式会社総合保険LIVE・ジャパン
代表取締役 小松 俊夫

「お客さま本位の業務運営方針」の定着度合を
評価するための指標(KPI)の公表について

当社は、「お客さま本位の業務運営方針」の定着度合を客観的に評価できるようにするための成果指標(KPI)として、以下を設定いたしました。

1. ご契約手続きにおけるお客さまアンケートNPS

当社の日々の取組・活動が、お客さま本位の行動になっているのかを評価する指標として、損害保険会社が実施しているお客さまアンケートを参考にいたします。
目標値:NPS50ポイント以上 (※NPSとはお客様評価を測る指標)

2. 事故対応における代理店事故対応割合

代理店事故対応割合が90%を超えているか、損害保険会社から提供されるデータを参考にいたします。
また、事故対応力が、お客さまに認識されているかを損害保険会社が実施しているお客さまアンケートを参考にいたします。
目標値:お客さまアンケートレポート(事故受付窓口割合)の実績90%以上

3. お客さまへの情報提供

契約更新時及びそれ以外の機会においてお客さまに役立つ有益な情報提供を随時行います。
役立つ情報提供が、お客さまに認識されているかを損害保険会社が実施しているお客さまアンケートを参考にいたします。
目標値:お客さまアンケートレポート(日常対応Q4)の評価4以上の割合を70%以上

4.専門的知識の習得

お客さまに対して、総合的なコンサルティングサービスを提供すべく、日本損害保険協会が実施している損害保険大学課程コンサルティングコース(損害保険トータルプランナー)の認定取得を積極的に行います。
※2019年5月現在取得済み2名

令和元年5月1日
株式会社総合保険LIVE・ジャパン
代表取締役 小松 俊夫